きんぽうしゅぞう ゆうげんがいしゃ金鳳酒造有限会社

島根県
代表銘柄
きんぽう金鳳
酒蔵について
山本喜三右衛門が明治2年「菅井屋」なる造酒座(酒造権利)を買入、酒造業を創業致しました。現社長は六代目となります。創業当時の酒銘は「志ら鹿」その後「緑山」を経て二代目山本嘉四郎が「金鳳」とし登録商標としました。「金鳳」の酒銘は、古代中国で聖人と共に世に現われたとされる鳥「鳳凰(ホウオウ)」に由来します。鳳凰は雄を鳳、雌を凰と言い仲むつまじく梧桐(アオギリ)の木に住み、自らの姿を泉に映すとその泉は甘い泉となり、その水を飲むとされる不老不死の幻の霊鳥です。この鳳凰の一字「鳳」に「金」を冠して「金鳳」と致しました。(島根県酒造組合)

酒蔵情報

創業
1869
代表者
山本 剛士
住所
島根県安来市清井町343Googleマップで開く
HP
https://www.kinpo.jp/
TEL
0854-27-0111
FAX
0854-27-0112
Mail
takeshi-y@kinpo.jp
TOP