Fujita Shuzoten

Ibaraki
代表銘柄
Fujiizumi
酒蔵について
初代が京都から石岡に移り酒蔵を構えたのが1462年(寛正3年)、日本に現存する酒蔵では、2番目の古さを誇ります。 以来550年余、地域と共に清酒「富士泉」の伝統を守り続けています。 江戸時代には、水戸光圀公がこの地域を訪れ、藤田酒造店の活動に対して、お褒めを戴いています。 伝統を重んずる一方で、常に新しいものにチャレンジする企業を目指しています。 1933年には27代目の藤田英(ヒデ)が、日本酒四季醸造(通年醸造)プロジェクトで技術確立をするための責任者として ハワイへ派遣されるなど、酒造りへの"こだわり"で、地域・社会への貢献にも尽力しています。

酒蔵情報

創業
1462
代表者
Akira Fujita
住所
茨城県石岡市井関994-1Googleマップで開く
TEL
0299-26-2582
TOP