Sakenomy 厳選商品紹介

お花見で飲みたい日本酒5選

更新日Mar 4, 2022

この記事をシェアする

ShareTweet
特集画像1

春の陽気が漂い、桜の見頃を迎えます。桜の季節はやはりお花見がしたくなりますね! そんな日本で親しまれる「桜」。実は日本の国花として定められているのをご存じですか?日本の硬貨やお札に桜のデザインが取り入れられているなど、日本でも馴染み深い存在です。 お花見の文化を遡ると、奈良時代にすでに行われていました。奈良時代のお花見は桜ではなく「梅」を楽しむもの。平安時代になると、桜の花が主流になり現在に至ります。 今回は、お花見に合わせたい日本酒をSakenomyが厳選。常温で楽しめる純米酒から、乾杯にぴったりなスパークリング、普段日本酒に馴染みのない方も飲みやすいものまで幅広くご紹介します!

紀土 春ノ薫風

平和酒造株式会社|和歌山県

紀土で有名な平和酒造から毎年出ている限定の春酒。毎年楽しみにしている方もいるのではないでしょうか? フルーティーで華やかな香りと甘みのある味わいと余韻が楽しめる純米吟醸酒。ほんのりとした苦味とキレのある酸味が加わることで、バランスよく仕上がっています。春野菜の天ぷらやかき揚げ、筍の煮物など春のほろ苦い食材は、お酒の甘みを引き立て相性抜群◎。 後味のキレの良さは天ぷらの油をすっきりとまとめ上げてくれます。お花見のお弁当に1品春の食材を取り入れてみてはいかがでしょうか?今しか楽しめない限定の春酒をお楽しみください!

この日本酒詳細を見る

米鶴 スパークリングロゼ

米鶴酒造株式会社|山形県

可愛らしいピンク色のスパークリング。 お酒のピンク色は着色ではなく、赤色酵母という酵母が出した色! アルコール度数が9%と通常の日本酒よりも低く、軽快な味わいです。しっかりとした甘さがありますが、酸味と炭酸が軽やかにまとめ上げるので飲みやすく杯が進んでしまいます。 イチゴのようなチャーミングで華やかな香りと甘酸っぱい味わいは日本酒を飲み慣れていない方にもおすすめ。旬のイチゴをかじりながら飲めばシャンパーニュ風◎。甘酸っぱい味わいは、すき焼きなどの甘い味付けにも相性抜群!お花見の乾杯にいかがでしょうか?

この日本酒詳細を見る

福田 純米吟醸 山田錦

福田酒造株式会社|長崎県

創業元禄元年1688年より長崎で酒造りを始めた福田酒造。 創業者福田長治兵衛門が『酒造りは、心でつくり、風が育てる。』と語り伝え、平戸(ひらど)の風土と代々受け継がれてきた酒造りの技によって、育てられてきました。穏やかな吟醸香に米のふくよかな甘みと旨み。香りが穏やかなのでさまざまな食事に合わせられるのも魅力的です。冷〜常温まで楽しめる優秀な1本!幅広い温度帯で楽しめるのも、外で楽しむお花見にぴったり◎。温度変化も含めて楽しんでみてください。

この日本酒詳細を見る

池雲 純米大吟醸

池田酒造株式会社|京都府

京都の日本海側で酒造りを行う池田酒造。毎日飲んでも飲み飽きない食中酒をモットーに造りを行っています。一時期日本酒の製造を休止していましたが、2006年に製造を復活。 低温でゆっくりと発酵させることで香り高く上品にまとめ上げられています。 綺麗な味わいは乾杯にも食中にもおすすめ。山田錦の甘みとすっきりとしたあと味を冷やしてお楽しみください。砂糖菓子のような甘やかな香りと上品な甘みは、和菓子の上品で繊細なスイーツとの相性◎。 季節にちなみ、桜餅の爽やかな香りと甘みにあわせてみてはいかがでしょうか?お花見×桜餅で春を満喫してください!

この日本酒詳細を見る

片野桜 純米酒

山野酒造株式会社|大阪府

「片野桜」は大阪の桜の名所「交野」に字を当てた地名から由来しています。 「交野」の桜は「新古今和歌集」で桜の歌が詠まれるほど美しく、現在も名所として知られています。そんな桜の名所「交野」で酒造りを行う山野酒造は全製造数量の約9割が特定名称酒でその内の4割を「原酒」でリリースしています。水は生駒山系の豊富な伏流水で、米は地元関西を中心とする上質の酒米を使用するこだわり。年間製造量がわずか500石という少量生産の小規模な酒蔵です。芳醇な米の旨みと豊かなコクが特徴的でキレのいい後味は飲みごたえバツグン!おつまみや塩味のしっかり効いた食事にも合わせられる旨口の酒です。常温で楽しめるお酒なのでお花見の持ち運びにもぴったり!桜の郷で造られるお酒を桜とともにお楽しみください。

この日本酒詳細を見る
まとめ1

今回はお花見に合わせたい日本酒をSakenomyから5つ厳選しました。屋外だけでなく屋内でインドア花見など幅広い楽しみ方ができるようになったお花見。お花見のシチュエーションに合わせてお酒を選ぶのも良いのではないでしょうか? 古来より、貴族は花を鑑賞する行事として、農民は豊作祈願の神事として日本人に馴染み深い行事でした。形は違えど、現在も愛される桜とお花見は日本の大切な伝統文化です。そんな四季折々の行事にお酒は付き物。季節の行事ごとに合わせて日本酒を選んでみてはいかがでしょうか?ぜひ、お好みのお酒をSakenomyで見つけてください。

日本酒をより楽しめるアプリSakenomyを今すぐダウンロード!
日本酒をより楽しめるアプリSakenomyを今すぐダウンロード!
TOP