ささいちしゅぞう笹一酒造

山梨県
代表銘柄
だん旦(DAN)
酒蔵について
笹一酒造は1661年の花田屋創業に始まり、初代蔵元、天野久が1919年に笹一酒造と改名、統合。「笹」は酒を意味し、「一」は日本一という思いが込められています。 笹一酒造は山梨県大月市笹子町に所在しており、甲州街道の最難関、笹子峠の宿場町として栄えた土地でお酒を醸造しています。この地には霊峰富士を起点とした地下水が流れており、酒の元となる仕込み水は富士山に降り積もる雪解け水が地下の不透水層の間で、何十年もの歳月をかけて濾過された澄み切った水です。その仕込み水はその昔、水飛脚が江戸城でお茶会をする際に運んでいたとの記述もあり、また、明治天皇が京都にご行幸の際に携行する水として選ばれた「御前水」と呼ばれる由緒正しい仕込み水です。その銘水で仕込むことで、最高品質の酒米の特徴を最大限に活かした醸造に力を入れることができます。 笹一酒造の酒の特徴は日本酒の70%を構成する水の良さが生きた柔らかい飲み口と、米の旨さが光った力強い味わい。最高の水に応えるため原料米にも徹底的にこだわり、最高の酒米を使用し酒を醸しています。自然の恵みをじっくりと低温発酵させ、香りと味わいの調和を何より重視した広がりのある吟醸香、ピュアで優しい酸味と甘み・旨みのバランスの取れた日本酒を醸造することが笹一酒造の目指す王道の酒造り。そのために、素材の良さを余すことなく引出す伝統的な酵母、乳酸菌の働きを極限まで活かす純米や山廃仕込みを中心に、水と米の純粋な味の表現を念頭に置いています。笹一酒造は香りと味わいの調和を重視し、特定の料理を意識しない究極の食中酒と日本酒の最高峰を目指します。

酒蔵情報

創業
1661
代表者
天野 怜
杜氏
佐藤 洋介
住所
山梨県大月市笹子町吉久保26Googleマップで開く
HP
http://www.sasaichi.co.jp/
TEL
0554-25-2111
FAX
0554-25-2620
Mail
info@sasaichi.co.jp
SNS
見学案内
見学時間
10:00~16:30
見学定休日
店頭販売
売店営業時間
9:30~18:00
売店定休日
年中無休
TOP