ゆうちょうしゅぞうかぶしきがいしゃ油長酒造株式会社

奈良県
代表銘柄
かぜのもり風の森
酒蔵について
人が食事をして、酒を飲む。数千年もの間営まれてきた日々の日常。これをより豊かに、そして愉しいひとときに変える。それが日本酒の価値だと風の森は考えます。 日本清酒発祥の地、奈良。当蔵は1719年創業。次の伝統になるべく、現代にしか造れない酒を追求致します。 1998年に、地元の米を使った、搾ってそのままの生のお酒を、地元の人々に飲んでいただきたいという想いから、風の森は始まりました。 名前は、御所市内にある地名「風の森峠」に由来します。緑豊かな葛城金剛山麓に位置し、一年心地よい風が峠を駆け抜けます。 500年前に確立した奈良酒の伝統を、現代の技術を用いることで改変し、今の時代にしか造れない日本酒、次の日本酒への挑戦を続けてゆきます。 風の森では、米の種類と磨きによる味の違いを表現します。 ALPHA風の森では、柔軟な発想と新たな技術で、次の日本酒の可能性を求めてゆきます。 酒をグラスに注ぐ。透明感のあるレモンイエロー。わずかに残る発酵時の炭酸ガスが泡粒をつくる。顔に近づけるとほのかな果実の香り。口に含むと鼻に抜けるさわやかな香りと共にボリューム感のある味わいが押し寄せる。のど元を過ぎた後は口中をクリアにまとめていく余韻ある酸味。お酒を飲むという一連の動きの中で人間の五感をくすぐる酒。 それが風の森です。

酒蔵情報

創業
1719
代表者
山本 長兵衛
住所
奈良県御所市中本町1160Googleマップで開く
HP
http://www.yucho-sake.jp
TEL
0745-62-2047
FAX
0745-62-3400
Mail
yoshi@yucho-sake.jp
SNS

おすすめの飲食店

如意(橿原市/大和八木)

奈良の地酒と日本中のお酒が楽しめる名店。大将の仕入れる魚介類も日本各地の港から。大和肉鶏や大和牛のメニューも充実。

ミツカン(橿原市/大和八木)

ならの地酒に紹興酒、シャンパーニュまで幅広いお酒と、次々と繰り広げられる四川中華の世界。スパイシーで品のある味付け。

八三一

地元密着のアットホームな居酒屋。蔵から徒歩三分。主婦のお二人が丁寧に作るお料理は絶品。

おすすめの宿泊施設

奈良ホテル

奈良市内の興福寺大乗院跡に建つ歴史あるホテル。ホテルの中にあるTHE BARではワールドクラスのカクテルを楽しむことが出来る。

TOP