やおしんしゅぞう かぶしきがいしゃ八百新酒造株式会社

山口県
代表銘柄
がんぎ雁木
酒蔵について
山口県の東部を流れ瀬戸内海に注ぎ込む錦川。 明治10年(1877年)に始まる八百新酒造の歩みは常にこの川の流れとともにありました。川辺に位置する酒蔵の前にかつては船着場があり、上流から運ばれてきた原料米は「雁木」と呼ばれる階段状の桟橋から水揚げされていました。雁木をめぐる水際には様々な“いのち”が息づいています。まさに水際は生命を発するところでありましょう。 私たちは「水際にいのち生まれる」を合言葉に、ひとつひとつの酒に思いを込めて“いのち”を造り続けています。 そして、雁木が水上のターミナルとすれば、私たちの目指すところは「おいしさのターミナル」です。

酒蔵情報

創業
1877
代表者
小林 久茂
杜氏
榊田 康之
住所
山口県岩国市今津町3-18-9Googleマップで開く
HP
http://www.yaoshin.co.jp/
TEL
0827-21-3185
FAX
0827-21-3186
Mail
info@yaoshin.co.jp
SNS
見学案内
見学時間
要相談
見学定休日
日曜・祝祭日
店頭販売
売店営業時間
8:00~18:00
売店定休日
日曜・祝祭日

おすすめの飲食店

いろり山賊(岩国市)

自然の中の野趣溢れるテーマパーク的空間。常に増殖中。

焼肉 食道園(岩国市)

あっさりした秘伝のたれ

魚処いつき

お造りの盛り、瀬戸内海(岩国近海)で水揚げされた魚介類の鮮度。

おすすめの宿泊施設

TOP