さんわしゅるい かぶしきがいしゃ三和酒類株式会社

大分県
代表銘柄
わかぼたん和香牡丹
酒蔵について
三和酒類株式会社は、1958年に3軒の造り酒屋(翌年4軒となる)が共同瓶詰場として発足したのがはじまりです。 それぞれの蔵元の歴史と伝統が集結し、清酒からはじまった三和酒類の歴史は、いまや焼酎、ワイン、リキュール、そして食品と広がりをみせています。 三和酒類株式会社の虚空乃蔵で醸す日本酒「和香牡丹」は、日本全国に4万社以上ある八幡社の総本宮で国宝に指定されている宇佐神宮(大分県宇佐市)の御神酒として振舞われております。 「品質第一」を社の基本理念とし、原料や水を選び抜き、技術のすべてを傾けて、お酒を醸造しています。

酒蔵情報

創業
1958
代表者
下田 雅彦
杜氏
佐藤 貴裕
住所
大分県宇佐市大字山本2231-1Googleマップで開く
HP
https://www.sanwa-shurui.co.jp/
TEL
0978-32-1431
FAX
0978-33-3030
SNS
見学案内
見学時間
10:00〜17:00※本社見学対応は行っておりません。辛島 虚空乃蔵のみ対応可能。
見学定休日
毎週水曜日(祝日の場合は営業)・盆・年末年始
店頭販売
売店営業時間
10:00〜17:00※本社店頭販売は行っておりません。辛島 虚空乃蔵にて店頭販売。
売店定休日
毎週水曜日(祝日の場合は営業)・盆・年末年始

地元おすすめの飲食店

酒Barあかい華

大分を代表する観光地「別府」にある日本酒Bar。 店内には常時 20種類の日本酒が用意されており、日本酒好きが喜ぶ アテとともにお楽しみいただけます。

Beppu Sake Stand 巡

ビール、日本酒、ワインといった“醸造酒”が楽しめる、スタイリッシュな立ち飲み形式の角打ちバル。 和香牡丹をはじめとした大分県産酒を蔵のストーリーと共にお楽しみいただけます。

辰巳

創業100年。現在4代目大将が腕を振るう食事処辰巳。 地元宇佐の名物「どじょう」「がん汁」「味一ねぎ」「宇佐から揚げ」と地酒「和香牡丹」とのペアリングが楽しめます。 その日の料理によっておススメの飲み方を大将がアドバイス致します。

やまさ旅館

大分県宇佐市安心院に大正9年より店を構えるすっぽん専門の料亭。 1kg以上に成長したすっぽんのみを厳選。 調理する1カ月前から敷地内のいけすで、餌断ちをされたすっぽんは、驚くほど臭みやクセがなくなります。 素材本来の味を楽しめるよう”水炊き"にてすっぽんを提供。 「安心院ワイン」地酒「和香牡丹」と共にお楽しみいただけます。

地元おすすめの宿

やまさ旅館

大正9年創業の老舗すっぽん料亭。 モダンで高級感と清潔感あるつくり。山川に囲まれたロケーションで、ゆっくりとした時間を過ごせます。 和室8室、洋室2室。 大分県宇佐市安心院の名物のすっぽん料理と「安心院ワイン」、地酒「和香牡丹」がお楽しみいただけます。

由布院 玉の湯

「一生に一度は泊まってみたい宿」として名高いおんせん県大分・湯布院の“御三家”。 由布院玉の湯は、昭和28年、禅寺の保養所としてスタートしました。 地産地消をテーマにした食事は、新鮮な野菜や和牛、豊のシャモ、アユ、ヤマメなどの安心、安全な地の食材が使われております。研究に研究を重ねてこだわり抜いた料理の数々は“洗練された田舎の味”を目指しております。

山荘無量塔

「一生に一度は泊まってみたい宿」として名高いおんせん県大分・湯布院の“御三家”。 山荘無量塔(さんそうむらた)は、"Recreate(再創造)"をコンセプトに、古民家を移築して、モダンに再生させた12棟から成る温泉宿です。 客室はすべて「離れ」になっているため、他の宿泊客を気にすることなく、自分のペースでくつろぐことができます。

亀の井別荘

「一生に一度は泊まってみたい宿」として名高いおんせん県大分・湯布院の“御三家”。 亀の井別荘は、もともと貴人招待用の別荘として建てられたもので、訪れた人をもてなす心遣いが脈々と受け継がれているお宿です。 14の離れと6つの洋室は趣が異なり、全て源泉かけ流しの温泉付きです。

別府温泉 杉乃井ホテル「宙館(そらかん)」

2023年1月26日開業。 杉乃井ホテルの敷地内でもっとも高い場所に位置する。 洗練されたデザインでくつろぎの時間をお過ごしいただける客室や、海抜約250mから望む大パノラマの展望露天風呂、 地元食材を使用した多彩な料理が並ぶレストランなど、別府の魅力を壮観な眺めとともにお楽しみいただけます。

お探しの日本酒が見つかりませんでしたか?
飲んだ日本酒が見つからない場合は、フリー入力で飲んだ記録を保存することが可能です。

TOP