Kosaka Shuzojo

Gifu
代表銘柄
Hyakushun
酒蔵について
長良川の伏流水を仕込み水に使う、うだつの上がる造り酒屋

酒蔵情報

創業
1772
代表者
Yoshinori Kosaka
杜氏
Hiroshi Hatano
住所
岐阜県美濃市相生町2267Googleマップで開く
HP
http://www.kuramoto-kosaka.com/
TEL
0575-33-0682
FAX
0575-35-1365
Mail
f104j@alto.ocn.ne.jp
見学案内
見学時間
10:00~17:00
見学定休日
6月~9月
店頭販売
売店営業時間
10:00~17:00
売店定休日

おすすめの飲食店

しげ吉(岐阜県関市うなぎ)

とろみの強いタレをからめて炭火でカリカリに焼いた表面にフワフワジューシーの中身、噛んだ瞬間にうなぎの旨みと共にとろっと弾け出す。

須多゛

板取川沿いにあります、鴨や鮎以外にもあっさりとした出汁おいしい隠れた日本料理の名店です。

柳屋食堂(美濃市広岡町)

やわらかくてジューシーと評判のとんちゃんのお店。味付けは少しピリ辛で、味わいのしっかりした日本酒とも相性が良いです。美濃市民のソウルフードですが、週末にはかなり遠方よりお客様が訪ねてみえます。

辻屋

「切ってから焼く」創業当時からの伝統を守り、手間暇を惜しまないのが辻屋流。コクのある秘伝のたれ。外が香ばしく、中はふっくらと焼いてあります。秘伝の濃いめのタレも人気です

そばきり 萬屋町 助六

手打ち蕎麦というとそば粉を仕入れるところから始まる店が大多数ですが、塵取り、石抜き、磨き、12段階の選別、皮剥き、石臼挽き、まで全てお主人の目と手で行っておられます。出汁、かえし、全てが絶品。

おすすめの宿泊施設

NIPPONIA 美濃商家町(美濃市本住町)

美濃は千数百年以上の歴史を持つ手漉き和紙の産地。江戸時代には和紙商人たちが軒を連ね、今もその町並みが残っています。NIPPONIA美濃商家町は現存する和紙問屋をモダンに改装したホテル。江戸時代の風情を満喫しながら、広々とした清潔なお部屋で、異空間の様なひとときを楽しめます。

TOP