Taketsuru Shuzou Co.,Ltd

Hiroshima
代表銘柄
Taketsuru
酒蔵について
瀬戸内海に面し、中世小早川家の港町から近世浅野家の製塩町として栄えた町・竹原。港湾業・製塩業とも海と関りが深い産業であり、これらの発展と共に興った酒造業も風土や歴史を映したものであることが、この地で日本酒を醸す意義と考えます。 そこで重視するのがうま味です。目の前の瀬戸内海から得られる豊富な海産物は味わい深く、うま味を備えた日本酒はそれを数倍にして味わいが増します。うま味にはそういった相乗効果が知られています。また江戸期から明治期にかけて社会情勢の変化などの影響を受けた盛衰を経て、今の竹原の日本酒があります。 竹鶴酒造はこれからも日本酒を通じて竹原の風土や歴史を伝えて参ります。

酒蔵情報

創業
1733
代表者
Toshio Taketsuru
住所
広島県 広島県竹原市本町3丁目10−29Googleマップで開く
TEL
0846-22-2021
FAX
0846-22-2344
SNS
TOP